会社でグループウェアを導入しよう【業務効率アップが可能】

チャット

ビジネスをより効率的に

チャットツールは、社員会のコミニケーションをよりスムーズに早くするのに役立ちます。チャットツールを用いることで、業務進捗や報告等メールよりも早い反応を得ることができ、セキュリティーも安心です。様々なツールを比較することで1番合ったサービスを選びましょう

詳しく見る

面接

応募者を逃さない手法

人材の売り手市場の現代において、より気軽にそして簡単に選考を行う事は企業にとって大きな課題の一つとなっています。そこでWEB面接を導入し、応募者とよりスムーズに選考を進める事で、辞退を防ぐ事にも繋がる事でしょう。

詳しく見る

ネットワーク

予定表が関単に分かる

グループウェアは、組織内のネットワークを利用して、情報共有や相互通信ができるソフトウェアです。グループウェアの画面を見ることで、各人の予定表が一目で分かります。予定表には、過去も含めて行動予定を書き込むことができます。また、予定表を進化させた勤怠管理にも利用できます。

詳しく見る

スマホ

導入しやすい社内ツール

社員間のやり取りをスムーズにできるとして、チャットツールの評価が高まっています。情報共有しやすいユーザーインターフェイスは誰でも使いやすく、モバイル端末への対応は外出先でも安心です。無料のサービスもあり、使い勝手を試すのに最適です。

詳しく見る

男女

人材確保の新しい手段

人材確保は企業にとって、重要なミッションですが、特に即戦力となる中途採用を中心に、WEB面接を利用する企業が増えてきています。その人気の理由として、高品質なビデオ通話アプリを利用して、迅速に応募者と直接話しができるということになるのです。

詳しく見る

社内での情報共有

女性

ツール導入の効果

大抵どの企業内でも、様々ツールを活用しながら管理や業務遂行が行われている。社員同士のスケジュール共有やタスク管理、コミュニケーションツールの活用など、その範囲は多岐に渡っている。これらの社内での情報共有など組織として活用するツールがグループウェアであり、近年では様々なサービスが登場している。グループウェアでは、以前では社内で独自のツールを導入し活用することが一般的であった。スケジュール管理にはスケジュール管理ソフト、タスク管理にはタスク管理ソフトなど目的に応じてツール導入されていた。しかし、最近ではこれらのツールをまとめてサービスとして提供されるものが増えている。提供業者と契約をすることで、WEBサイト上でスケジュール管理ツールを利用できたり、タスク管理ツールを利用できるといったものである。利用契約を結ぶことで利用でき、1に当たり1ヶ月で数百円程度から利用できるなど導入時のコストが大幅に削減できる点も魅力になっている。グループウェアを導入することで、社内のコミュニケーションがスムーズになり効率的に業務を進められることから人気が高くなっている。また、最近では社内SNSなどの活用としてもグループウェアを導入するケースが増えている。グループウェアのサービスの中には、社内SNSの機能を持ったサービスもある。社内SNSを利用することで、日常生活で浸透しているSNSを業務でも活用でき、より親和性が高くなっている。