会社でグループウェアを導入しよう【業務効率アップが可能】

人材確保の新しい手段

男女

採用もオンラインで実施

企業の人材確保として、新卒採用と並んで行われているのが、即戦力を確保できることを目的にした、中途採用があります。この中途採用は書類審査の後に、面談を数回実施して採用を決定するというものが一般的でしたが、これをオンラインで面談する、WEB面接を行うことが広まっています。WEB面接は応募者が直接企業に訪問するのではなく、自宅などのパソコンから、WEBカメラを通じて面接する方法です。WEBでビデオ通話のアプリが揃ってきており、またその品質もかなり良くなってきていることから、その利用方法の一つとして、WEB面接が可能になったのです。WEB面接が人気の理由として、履歴書等の書類審査だけでは、中々優秀な人材を早期に確保しにくいということを、避けることができるということがあります。中途採用ですので、応募者がそんなに多くないということもありますので、書類審査の代わりに手軽に実施できるWEB面接で、応募者の考えを早く聞くことができるのです。またビデオ通話のアプリは、大抵録画機能が搭載されていますので、WEB面接後関係者で再度見なおして、その方の評価を再度実施することができるのです。このことは面接官自身の、面接の対応力を確認することにもつながるので、面接官の能力向上にも繋がるのです。このように人材を早く確保したいという、企業側のニーズを満たすものとしてWEB面接が注目され、利用している企業が増えてきているのです。