会社でグループウェアを導入しよう【業務効率アップが可能】

応募者を逃さない手法

面接

人材不足の時代に最適

人材不足が叫ばれている現代において、買い手市場というよりは売り手市場の時代が続いています。つまり、採用する側の企業よりも、応募者の方が複数の企業を選択出来る時代となったため、より応募者を引き付け、かつ迅速な採用活動が求められる様になりました。そこで面接回数を減らしたり、採用までの期間を短縮化する事で、有能な人材を確保する企業が増えてきました。そこで注目されている選考手法の一つがWEB面接であり、ネットを通じてテレビ電話を使った面接が注目されています。WEB面接では、応募者とすぐに面接が出来るメリットがあり、パソコンを持たない人でも、スマートフォンを使って面接が出来る手軽さが人気となっています。応募者の中には現在仕事をしている人も少なくありませんので、就業前や就業後に面接へ足を運ぶ事が難しいケースは良くあります。しかしWEB面接のシステムを使う事で、就業前や就業後の空いた時間を使って、自宅から簡単に面接が出来るため、応募者にとっても応募がしやすく、選考のスピードを速める事が出来るでしょう。そして、応募者にとってはわざわざ企業へ足を運ぶ必要がないため、面接のキャンセルを防ぐ事にも繋がります。応募者を逃さないためにも選考方法の一つとして導入を検討してみてはいかがでしょうか。企業にとっても、そして応募者にとっても双方にメリットが大きいWEB面接であり、今後多くの企業が導入していくと予想されています。