会社でグループウェアを導入しよう【業務効率アップが可能】

予定表が関単に分かる

ネットワーク

スケジュールの情報共有

グループウェアを一言で表せば、組織内部のコンピューターネットワークを利用して、スケジュールやタスクなどの共有や相互コミュニケーションを目的としたソフトウェアです。ネットワークに接続されたコンピューター同士で、情報の交換や共有、スケジュール管理が容易にできます。グループウェアは、組織内のコンピューターを扱う人は誰でもアクセスが可能です。グループウェアを利用する各人のスケジュールが画面上で簡単に確認できるのも特徴の一つです。各人のスケジュール表には、組織内の人間であれば関単にアクセスすることができます。また、その画面を利用した社内メールも利用できます。スケジュール表には、各人が予定を書き込むことができます。グループウェアの設定によっては、自分のスケジュール表だけでなく他人のスケジュール表への書き込みも可能となっています。但し、記入者の情報が残るので、本人の承認欄を設ける場合もあります。また、現在、未来の予定の他に、過去の行動を変更することもできます。ただ、過去の行動を訂正するためには、元の記述と訂正理由の二項目が必要です。無制限に訂正ができるようになれば、事実のねじ曲げができることにも繋がるので、その部分は制御されることになるのです。場合によっては、過去の記録は訂正できないように設定されています。また、グループウェアによるスケジュール管理を進化させて勤怠管理などにも応用ができるようになっています。